こんな生活が認知症になりやすい

こんな生活が認知症になりやすい

認知症が100%予防出来ないとしても、そのリスクを下げる生活を心がける事は出来ます。

そして自分の生活が認知症になりやすいのであれば、改善の見込みもあるでしょう。

まずは自分の生活が認知症になりやすいのかどうかを知る事が大事だと思います。

マインドフルネス脳トレ速読を体感する!

あなたは当てはまりますか?

認知症になるやすい生活として、このような事が挙げられます。

もし当てはまるのであれば、今すぐ生活習慣を見直す必要があるので注意してください。

認知症になりやすい人の特徴

認知症になるやすい人には、ある特徴がありました。

長寿大国の日本だからこそ、健康を維持する必要があります。

下記のような生活習慣の人は、認知症になるリスクが高いので、今すぐ生活習慣を見直しましょう。

①乱れた食生活

②運動不足、睡眠不足

③喫煙

④過度なストレス

⑤生活のリズムの乱れ

こちらの5つは認知症のリスクは勿論の事、さまざまな生活習慣病や他の病気になるリスクが高くなっています。

規則正しい生活を送るのは難しい事だとは思いますが、少しずつ改善して病気のリスクを下げていきましょう。

認知症になりやすい人の性格

認知症になりやすい人の性格にも、ある共通点がありました。

当てはまるからと言ってかならず認知症になるわけではありませんが、気を付けて損はありません。

①怒りやすい・短気な人

②小さな事を気にし過ぎてしまう人

③協調性のない人

④何でも自分1人で出来る人

これに当てはまる人は、認知症のリスクが高い傾向にあります。

例えば怒りやすい人は、周りとのコミュニケーションが上手く取れない場合が多いです。

すぐに周りに当たってしまい、周囲と良好な関係を築けない人は、社会的に孤立してしまう可能性があります。

人とのコミュニケーションが減ると脳の老化が進んでしまい、認知症に繋がってしまうと言われています。

次に小さな事を気にしてしまう人は、常に周りが気になってしまい、傷つきやすくストレスを受けやすい傾向があります。

ネガティブ思考は鬱に陥る事もありますし、鬱は認知症にとって大きなリスクになっています。

協調性がない人も周りと上手くコミュニケーションが取れない事で、人付き合いが減る傾向にあります。

他人との会話が減ってしまうと、それも認知症の発症リスクを高めてしまいます。

そして最後に意外かもしれませんが、何でも一人で出来てしまう人も認知症になりやすい傾向にあります。

自立心が高い人は他人に助けを求める事をしません。

その為、何でも自分でしてしまうので、自然と外部とのコミュニケーションが減ってしまい、脳の動きが鈍くなってしまうようです。

高齢なのに1人で何でも出来ると素晴らしいと思ってしまうかもしれませんが、その反面自己完結してしまいがちで自宅に籠り気味になってしまいます。

どれをとっても人とのコミュニケーションが重要というのがわかるかと思いますので、最近人と関わっていないと思ったら積極的に外に出るようにしましょう。

マインドフルネス脳トレ速読を体感する!
TOPページを見る